個人で稼ぐスキルを高めよう!無料メルマガのご登録はこちら>>>

SWELLは初心者におすすめ!アフィリエイトもデザインも欲張れる最強テーマを徹底レビュー

ユイ

ネットビジネスおかんのユイです!

こたろ

ぼく、こたろ

今回は、ワードプレスの有料テーマ「SWELL 」の魅力についてお話ししたいと思います。

(このブログでも「SWELL」のテーマを使っています^^)

実は私が使ってきたテーマは今が3つ目で、次のような変遷をたどってきました。

  1. Cocoon(コクーン)※無料
  2. 賢威8※有料
  3. SWELL(スウェル)※有料

どのテーマも使いやすくて完成度が高いのですが、個人的にはダントツでNo1に使いやすい「SWELL」がおすすめ!

アフィリエイト・デザイン・使い勝手の良さなど、たくさん欲張れる ”最強テーマ” だと思っています。

この記事では、

  • 賢威8からSWELLに変更したきっかけ
  • SWELLの魅力
  • SWELLのデメリット
  • ユイの評価
  • SWELLを始める簡単4ステップ

についてお話ししていきます。

ぜひ最後までお付き合いください^^

圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ『SWELL』

⇒「SWELL」公式サイト

販売業者株式会社LOOS
運営責任者山﨑 諒
所在地〒 530-0001
大阪府大阪市北区梅田二丁目5番13号桜橋第一ビル304号
電話番号050-6870-9053
メールloos.webstudio@gmail.com
目次

賢威8からSWELLに変更したきっかけ

まず、私が使っていた「賢威8」から「SWELL」に変更したきっかけをご紹介しますね。

もう少し自分好みのデザインにしたかった

賢威8も完成度が高いテーマなのですが、素人なりに「もう少し自分好みのデザインにしたい」と思うことがありました。

私が気になったのは特に、本文の装飾。

ブログ記事だとボックス装飾をよく使いますよね。

賢威オリジナルのボックスはこの7パターン。

特徴的で悪くないのですが、「もうちょっと色とか形とか変えられたらいいな〜」と思っていました。

CSSとHTMLのコピペで使える装飾ボックスなどもやってみたのですが、ボックス内改行がうまくいかなかったり、プレビューを押さないとどう表示されているかわからなかったり・・・

自分の技術が高くないので、「出来ること」が限られちゃうのが分かったんです^^;

「違うデザインも欲しい」

「プレビュー押さなくても見れるやつがいい」

とモヤモヤしていました。

HTML編集(テキストエディター)にちょっと癖がある

私は賢威ではクラシックエディター(昔からあるやつ)を使っていて、「HTML編集(テキストエディター)にちょっと癖があるなぁ」と思っていました。

クラシックエディターでは、下の画像のように編集画面が「ビジュアルエディター」と「テキストエディター」に分かれています。

ビジュアルエディターで作業をしている途中で、HTML編集をするためにテキストエディターに変えると、一番上までカーソルが戻っちゃうんです。

(別の方に指摘されて、私もハッとしたんですが。

なんか使いにくいけど、そういうものかと思ってました。笑)

ただでさえ素人には、HTMLは呪文のようでとっつきにくいです。

お目当ての場所まで行くのに、かなり目を凝らして文字を追っていかないといけませんでした。

この癖がちょっと疲れるポイントだったんですよね^^;

「今はこうだけど、いつか改善されて使い勝手が良くなるかも・・・?」

と、淡い期待を持ちながら使っていました。

知り合いのプロデザイナーさんも賢威からSWELLに変更

SWELLを知った最初のきっかけだったのが、知り合いのプロデザイナーさんが賢威からSWELLに変更していて、その方が「おすすめ」と教えてくれたからなんです。

「使いやすいしデザインも良い」とのことだったので、興味が出てきたんですよね。

ちょうど30記事でテーマ変更の決断!

ブログがちょうど30記事のタイミングで、賢威からSWELLへテーマ変更する決断をしました。

一生賢威を使おうと思ってたんですけどね!

(高かったし^^;)

ユイ

私が購入した決め手は、装飾デザインが豊富なことと、ブロックエディター完全対応だったことです
(※詳しくは後述しますね)

こたろ

デモ動画とか口コミとか、たくさん見てたよね!

デザインが幅広かったのにワクワクしたし、ものすごく書きやすそうだったんです!

タイミング的にも

「30記事ならぎりぎりリライトできそう・・・!」

と思ったのもあり、

「えいやっ」

とポチってしまいました。

たった5ヶ月でのテーマ変更になってしまいましたが・・・

後悔は全然していません!

実際とても書きやすくて、ブログを継続する意欲も高まります^^

SWELLの魅力と実際に使ってみた感想

ここからは、SWELLの魅力と実際に使ってみた感想を8つに分けてお話しします。

この項目でお話しするのは、「機能的な魅力」について。

その他の魅力やデメリットは別項目で書きましたので、記事後半をご覧ください^^

その1:ブロックエディター「Gutenberg(グーテンベルク)」に完全対応

魅力その1は、ブロックエディター「Gutenberg(グーテンベルク)」に完全対応していること。

実は、ブロックエディターに完全対応しているワードプレスのテーマって珍しいんです!

ちょっと意外かもしれませんね。

これまで使われてきたクラシックエディターは、時期は未定ですがいつかは終了する予定。

各社、だんだんとブロックエディターに対応し始めてはいます。

でも今のところ、ここまでブロックエディターの操作性を追求したテーマは他にありません^^

ブロックエディターの特徴

ブロックエディターの特徴は、なんといっても直観的に操作ができること。

このブロックエディターを、ユーザーが使いやすいように考え抜いてカスタマイズされたのが「SWELL」というテーマです。

この「SWELLカスタムブロック」がすごい・・・!

ポチっと押せばポンッと出てくるので、難しい知識が不要でサクサク書けます。

こたろ

他のテーマでも、「ポチ→ポン」じゃないの?

ユイ

まあね。笑
でも、アイコンから選べることで、直観的に操作できるんだ。
選ぶときにあまり考える必要がないから、脳が楽なんだよね!

このカスタムブロックでおすすめ機能は沢山あるのですが、次でほんの一部だけご紹介しますね。

おすすめ機能

おすすめ機能はたとえば、最近主流になっている「ふきだし」。

ユイ

背景色の変更、
枠線の有無、
丸枠か四角枠か、
などが簡単に変更できます。

こたろ

こんな風に右配置で「心の声」にするのもクリック一つだよ!

箇条書きや丸番号の種類も豊富です。

  • テスト
  • テスト
  • テスト
  • テスト

リストの下線は1クリックで選択可能。

  1. テスト
  2. テスト

キャプション付きブロックの種類もたくさんあります。

キャプション

テスト

キャプション

テスト

キャプション

色を変えるのは1クリックで。

好きな色も自分で複数パターン登録できます。

キャプション

テスト

付箋、アナウンス、アラートなども1クリック。

付箋

アナウンス

アラート

チェック

はてな

表も簡単に作成!

テストテスト
テストテスト
テストテスト
テストテスト

他にも、説明文を作ったり、

テスト

テスト

テスト

テスト

手順紹介に便利なステップを作ったり、

STEP
テスト

テスト

STEP
テスト

テスト

Q&Aや、

テスト

テスト

テスト

テスト

ボタンも簡単に作れます!

これでもほんの一例。

豊富なデザインが、追加のプラグイン不要で簡単に使えるんです。

まだ使ってない機能も沢山あるので、これからが楽しみ^^

このように初級者に優しいSWELLですが、中級者以上にもかなり高評価!

なんといっても直感的にパパッと操作できるので、記事の執筆速度が早くなるんですよね。

これは私も実感してます。

それに他の有料・無料テーマによっては、吹き出しや定型文がショートコードで表示されることが結構あります。

でもSWELLは画像が省略されずに編集画面でちゃんと表示されます↓

なので、わざわざプレビュー表示で確認する必要がないのも嬉しいところ!

このように「プレビュー」動作が一つ必要なくなったり、作業工程が少し削減されるのが地味に良いんです。笑

だから、記事を書くのに少しワクワクが追加されます^^

この気持ち(ワクワク)は「継続」するのにすごくいいんです。

開発者さんの思いも嬉しいですね^^

その2:プログラミングの知識不要!マウスだけでおしゃれサイトデザイン

魅力その2は、プログラミングの知識不要で、マウスだけでおしゃれなサイトデザインができること。

テーマカスタマイザーという機能を活用していて、プレビュー画面を見ながら「ぽちぽち」と項目を選択するだけで、サイトデザインのカスタマイズが可能です。

以前の賢威でも似たようなものがありましたが、SWELLの方がシンプルで使いやすい印象。

この設定項目は400種類近くあります。

よっぽどのことがない限り、自分のプログラミング技術でカスタマイズしなくても良いようになってます。

トップ画像に大きな画像や動画を配置したり、記事スライダー、ピックアップバナーを設置することもできますよ。

その3:シンプルで美しくこなれたデザイン

魅力その3は、シンプルで美しく、こなれたデザインであること。

『シンプル美と機能性の両立』。

SWELLのキャッチコピーにも表れてますね。

開発者さんが作ったデモサイトもあって、とても見やすくて美しいデザインです。

すぐ使えるよう、デモサイトのデザインに着せ替えるためのデータも配布されています。

ただ、SWELLのホームページにはSWELL利用者のブログ実例が掲載されてるんです。

実際にどういうデザインになるのか、こういったSWELL実践者のブログは参考になりますね^^

その4:ウィジェットが豊富

魅力その4は、ウィジェットが豊富なこと。

ウィジェットとは、例えばユイのブログなら、トップページのプロフィール紹介やオススメ商品、連携しているTwitterなどの項目のこと。

どこに何を配置するか、自分で好きなように設定できるんです。

(初期設定のままでも問題なく使えるくらい、もともとの配置もいい感じです)

ウィジェットでいろいろな設定ができるのは良いですが、実は関連機能も充実。

例えば「追尾サイドバー」。

初めてこの機能を採用したSWELLのブログを見たときは衝撃でした!

(その時はSWELLの事は知らなかった)

パソコンの横幅で表示されたときだけですが、記事を下のほうにスクロールしても、画面に目次が固定表示されるんです。

読者目線では、長い記事を読んでいるときに目次が常に表示されているとすごく便利なんですよね。

私もテーマ変更したらすぐ設定しました^^

その5:アフィリエイターにやさしいカンタン広告設置

魅力その5は、アフィリエイターにやさしいカンタン広告設置があること。

私はそうだったのですが、ほんとに最初の頃ってアフィリエイト広告をどうやって貼るのか、さっぱり分からず・・・

SWELLなら、例えば「広告タグ」の項目から、広告の新規追加・編集・管理ができるようになっています↓

広告タイプは

  1. テキスト型
  2. バナー型
  3. アフィリエイト型
  4. Amazon型
  5. ランキング型

の5種類で、ぽちぽちと選んでアフィリエイトタグを貼り付けるだけです。

登録した広告が実際にどのように表示されるのか、それぞれの5パターンを見てみますね。

①テキスト型

レンタルサーバーならがおすすめ。

②バナー型
③アフィリエイト型

※「詳しく見る」はクリックしても何も出てきません

④Amazon型

※「詳しく見る」はクリックしても何も出てきません

⑤ランキング型

広告の5パターンはこんな感じになります。

ランキング形式だと、1位〜3位で王冠の色もちゃんと変わってくれますよ。

星1〜5の評価機能もあるので、読者さんに視覚的に強く訴求できるのがいいですね!

個人的には、自動的に「rel=”nofollow”」がつくのも嬉しいところ。

このように、広告は追加プラグインなしで簡単に作れちゃうんです^^

その6:おすすめとして紹介(アフィリエイト)できる

魅力その6は、おすすめとして紹介(=アフィリエイト)できること。

以前は特典をつけても良かったのですが、現在「特典売り」はなくなってしまいました。

なのでSWELLを利用しているブロガーが、純粋に『良いテーマ!』と思ったら紹介しています。

通常、アフィリエイトするならASPで扱っている商品になります。

でもSWELLはASPを介さないので、アフィリエイトが簡単にできるのも良いですね^^

その7:SEO対策もしっかり実装

魅力その7は、SEO対策もしっかり実装されていること。

といっても、SWELLでは「どのテーマでもSEOの差はほとんどない」と明言しています。

「コンテンツ イズ キング」!

確かにそうですね!

ある程度のレベルでSEO対策がされているなら、後はユーザーが作るコンテンツの「質と量」の勝負。

テーマ開発者さんは、コンテンツ以外のSEO対策として「サイトの表示速度をいかに早めるか」を研究してくれています。

参考までに、SWELLではどのようなSEO対策がされているかというと・・・

  • ファーストビューにおける高速化機能
  • 動的なCSSや複雑なパーツのキャッシュ機能
  • ページ下部にあるコンテンツの遅延読み込み
  • 画像・動画・iframeへ自動でLazyload付与
  • メインスタイルのインライン読み込み

↑これらは、サイトを開いたときに全ページを一度に表示させるのではなく、トップ画面以外の部分は時間差で遅れて表示されるようにする設定などです。

  • pjaxなどによるページ遷移高速化機能

↑こちらも表示に必要な特定の部分だけを読み込む機能で、ページ遷移が一般的な画面遷移に比べて高速になる機能です。

Googleは、サイトの表示速度が速い方がSEOに有利と発表しているので、そのための機能が備わっていると言うことですね。

実際に速度を計測した方はみなさん「早くなった」とコメントしています。

(この記事を書いているときは30~40記事です。

まだ記事が少ないからか・・・?

速度の違いはそこまでないようです)

その8:WordPressの思想を尊重した「100%GPL」

魅力その8は、SWELLはWordPressの思想を尊重した「100%GPL」を採用していること。

SWELLは、WordPressの思想を尊重し、100%GPLテーマとしています。

一度ご購入いただければ、サイトごとのライセンス制限などは一切ございません。

ぜひ、たくさんのサイトでSWELLをご利用ください。

こたろ

「GPL」って何?

と思われる方も多いと思います。

このGPL、テーマを購入するときに開発者さんの思いを知れる重要なポイントでもあるんですよ。

「ライセンス制限などは一切ございません」

ここまで言い切るテーマって、普通にあるわけじゃないんです。

GPLとは

GNU General Public Licenseの略。

ソフトウェアは自由で共有可能で、社会の発展により役立つものであるべきだという考え方。

フリーソフトウェア財団(FSF)という団体が公開、維持している。

https://www.gnu.org/

WordPressは、創設されたときからこのGPLを採用しています。

参考:「WordPress コミュニティが『100% GPL』を選択する理由」WordPress.org日本語)

この方は、WordPress 共同創始者のマット・マレンウェッグ氏

彼のインタビュー動画が上記の参考URLの中にあるんですが、彼はこの動画で

「WordPress が GPL なのは、僕がそれをよく理解する前から決まっていたことだ」

「自由の制限は何もない。再配布したり、使用したり、好きなように変更することもできる」

と語っています。

WordPressが世界に広がったのは、このGPLの考えがあったからに他なりません!

そしてSWELLもこの思想を尊重しているから、GPLを100%採用してるんですね。

まだ新しいテーマのSWELLが多くの人に愛されているのは、このGPLの採用も一因だと思うんです。

「みんなにWordPressの楽しさを広めたい」

「ライセンスフリーにして、1つでも多くのサイトで使ってもらいたい」

と、WordPressの創始者も、SWELLの開発者も、共通の思いを持っているように感じます。

こたろ

開発者さんの深い思いが「100%GPL」に込められてるんだね!

その9:ユーザーの声は神速で取り入れ

魅力その9は、開発者の了さんは、ユーザーの声をSWELLに神速で取り入れてくれること。

もちろん全部の要望ではないですが、ユーザーさんのコメントで

「その日のうちに組み込んでバージョンアップしてくれた」

とあるくらい動きが早いんです。

実際、SWELLのバージョンアップ頻度は本当に多いです。

ユイ

今は1〜2週間に一回はあると思います

前のテーマのときは、

「5ヶ月間で何回バージョンアップあっただろう・・・そもそもバージョンアップあったかな?」

みたいな感じです。

※バージョンアップの回数が多いから良いわけではありません

了さんはTwitterでもSWELLカスタマイズのことは良くつぶやいていて、いつも改善を考えていらっしゃるのがわかります。

ユイ

大抵は何の話か分からないですが・・・^^;

さて、ここまでSWELLの「機能」についての魅力を書いてきたので、次からはその他の魅力とデメリットを書いていきますね。

SWELLの意味と開発者・了さんの思いに共感できる

SWELL開発者・了さんの熱い思いに共感できるのも、魅力の一つです。

ホームページ・Twitter・noteでその思いを見ることができます。

個人的には、noteで語られる了さんの思いや考えがとても響いたポイント。

「SWELL」の名前の由来もつづられています↓

SWELL = 人生のうねり

最近では、副業が流行りだしていて、会社に頼らず自分の力で生きていこうとする人たちが増えてきています。

ブログもその副業の一つ。

現状を打破したい。

もっと自分の人生を良くしたい。

そんな思いからブログを始める人も多いのではないでしょうか。

SWELLは、そんな人にとって最高の相棒となるべく、生み出されました。

あなたの人生がうねり始めますように。そんな願いを込めてつけた名前です。

WordPressテーマ『SWELL』の名前の由来と、そこに込められた意味

他にも、noteでは了さんの自己紹介が詳しく書かれています。

こちらも読んでみると、了さんをグッと身近に感じられるかもしれません!

Twitterでも、どういう思いでテーマを作っているのかがうかがえる投稿があります。

ユイ

こういったSWELLへの愛と、熱意ある人柄に惹かれてテーマを決める人もいるんですよ!

SWELL購入者フォーラムが初心者にやさしい

SWELLには「購入者限定のフォーラム」があるんですが、これが初心者さんにやさしいんです。

SWELLに限ったことではなく他のテーマでも言えますが、フォーラムがあるテーマはやっぱりおすすめです。

SWELLのフォーラムでは、SWELLに関する質問や要望などを掲示板に書くことで、開発者の了さんが直接返信してくれたり(!)、他のユーザーさんが教えてくれたりします。

返信は了さんを筆頭にみなさんあたたかくて、

「どうしてこんなに良い人ばかりなんだろう?」

と不思議に思うくらい。笑

SWELLには、フォーラムの他にもSlackのオンラインコミュニティがあったり、SWELLユーザーの方が立ち上げたファングループもあります。

横のつながりがすごいですね。

不安な気持ちや分からないことを共有できる環境があるのは、ユーザーにとって大きな励みになるはずです。

ちなみに悩みの解決でいえば、了さんが書いている解説記事もとても参考になります。

解説記事一覧ページへのリンク

初期設定でマニュアルを読み終わったら、解説記事を時間のある時に見ておけばかなりの知識がつくはずです!

おおかたの問題は解決しますよ^^

SWELLの乗り換えサポート

SWELLには、他テーマからの乗り換えサポートもあります。

乗り換えできるWordPressテーマ一覧

下記のいずれかのテーマでブログを書いてるなら、専用プラグインを使えばSWELLへの乗り換えはとても簡単です。

デメリットは「乗り換えサポート」がないテーマの場合はリライト必須なこと

一つデメリットとしてあるのが、乗り換えサポートがないテーマの場合はリライト必須なことです。

公式HPでも書かれていますが・・・

ユイ

まさにこの作業でした!

賢威は乗り換えサポートがないテーマだったので、全記事リライトです(;_;)

乗り換えしたときは、賢威でちょうど30記事をクラシックエディターで書き終えて、1記事あたりの分量はだいたい4,000〜6,000文字、多くて10,000文字。

テーマ変更して装飾で引き継げたのは、アイキャッチ画像、挿入画像くらいです。

その他の

  • 太字
  • マーカー
  • 下線
  • ボックス装飾
  • リスト
  • 定型文
  • 吹き出し

は、前のテーマに依存してたので、全部やり直し!

(ちょうど文章もリライトもしなきゃいけない時期だったので、一緒にできたのはよかったと言えます^^;)

テーマを変更したら、まずはザザッと外観の設定を。

そしてPVの多い記事から順に1晩かけてリライトし、残った記事は時間を見つけて何日かに分けてリライトしました。

多分、リライトでかかった時間は20~25時間くらいかなと思います。

(文章も整えたので時間かかりました)

従来のクラシックエディターからブロックエディターに変わると、使い勝手がガラッと変わります。

私がブロックエディターに慣れるまでに、たぶん10~15時間位はかかったと思います。

リライト急いでやらなきゃいけないんですけど、やっぱり最初は使い方で分からないことも多くて、半泣き状態。笑

こたろ

ボクは隣で夢の中!

ユイ

スピースピー言ってたね・・・

最初はブロックエディターを楽しむ余裕は正直なかったです^^;

でも慣れてくると、だんだん面白くなってきて!

テーマ変更のおかげで装飾の幅が広がって、これまで出来なかったことが出来るようになりました^^

リライト後のデザインの方が良くなったのは間違いありません!

SWELLの口コミ

SWELLの口コミを調べてみました。

いろいろと出てきますが、悪い口コミはありませんでした。

SWELLの評価

実際に使ってみて感じた、SWELLの評価をご紹介します。

価格

価格は17,600円(税込)です。

私が以前使っていた賢威は27,280円(税込)だったので、約1万円ほど価格差がありますね。

SWELLにしたらデザインが良くてウキウキするし、執筆スピードも上がるなど悪いことはなかったので、決して高すぎる価格ではないと思います。

ついでに、メジャーなテーマの金額を一覧で載せておきますね。

テーマ名価格
STORK11,000円(税込み)
SANGO11,000円(税込み)
DIVER12,980円(税込み)
AFFINGER14,800円(税込み)
THE THOR14,800円(税別)
JIN14,800円(税込み)
SWELL(※)17,600円(税込み)
賢威27,280円(税込み)
Snow Monkey(※)16,500円(税込み)

※「SWELL」と「Snow Monkey」はGPL100%

実践が可能か

SWELLは使い勝手にとても定評があり、直観的に使えるので初級者でも全く問題ありません。

ユイ

というか、ややこしいHTMLの知識がいらないし使いやすいので、初心者さんが選ぶにはうってつけのテーマです!

また、私のようになクラシックエディター使用者・なんとなくHTMLをかじった人・中級者以上の方でも、ブロックエディターの使い心地の良さには驚くと思います。

サイトスピードが一番早いというデータがあちこちで出ているのも嬉しいですね。

誇大広告や嘘はないか

ホームページに掲載されている情報に、誇大広告や嘘はないです。

向いている方

向いている方は、次のような方です。

  • これからブログを始める初心者の方
  • 使いやすいテーマを探している方
  • 今のテーマに違和感がある方
  • シンプルデザインのテーマを探している方
  • ブロックエディターを使いたい方
  • サイトスピードを上げたい方

不向きな方

逆に不向きな方は、次のような方です。

  • 今のテーマに満足している方
  • テーマにお金をかけたくない方
  • とても個性的なサイトを作りたい方

SWELLを始めよう! 4つの手順をご紹介

最後に、SWELLを始める 4つの手順をご紹介します。

たったの4ステップなので、簡単に始めることができますよ。

手順1:SWELLを購入する

まずはSWELLを購入しましょう。

トップページの「購入する」か「DOWMLOAD」をクリック。

「ダウンロードページ」に行きます↓

利用規約に同意し、「SWELLを購入する」をクリック。

※決済はクレジットカードです

次のページでクレジットカード情報を入力します。

「¥17,600支払う」をクリックしたら購入完了です。

手順2:SWELLの親テーマをダウンロードする

購入したら、SWELLの親テーマをダウンロードします。

お支払いが完了したら、購入画面で入力したメールアドレス宛に次の情報が送られてきます。

  • SWELLダウンロードリンク
  • 購入者限定パスワード(フォーラムサイトSWELLERS’を利用するためのパスワードです)


SWELLのダウンロードリンクから、zipファイルのテーマをダウンロードしましょう。

もしうまくダウンロードできなくても、購入者フォーラムのマイページの「製品ダウンロードページ」から、最新のデータをダウンロードできます。

手順3:WordPressにSWELLの親テーマをインストールする

親テーマをダウンロードしたら、WordPressにSWELLの親テーマをインストールしましょう。

WordPressの管理画面「外観」→「テーマ」→「新規追加」→「テーマのアップロード」に進みます。

親テーマをzipファイルのままアップロードします。

「今すぐインストール」をクリック。

有効化をクリックして親テーマのインストールは終了です。

手順4:SWELLの子テーマも同じようにインストールする

公式ホームページから、SWELLの子テーマも同じようにインストールしましょう。

親テーマを購入したときのページを開くと、「子テーマのダウンロード」ボタンがあります。

ここをクリックして、あとは親テーマのときと同じようにWordPressにアップロードします。

「子テーマ」を有効化して、次の画面になれば設定完了です!

公式HPにもインストール方法が載っています^^↓

参考:WordPressテーマ「SWELL」をインストールする方法

まとめ

今回は「SWELLは初心者におすすめ!アフィリエイトもデザインも欲張れる最強テーマを徹底レビュー!」というタイトルでお話ししました。

クオリティ・書きやすさ・開発者の志(こころざし)、どれをとっても素晴らしいテーマです。

売りっぱなしではなく、購入者限定のフォーラムでアフターサポートがついてくるのも嬉しいですね。

(WordPress創始者のマット・マレンウェッグ氏も、先ほどの動画で「フォーラムはユーザーに有意義」だと発言しています)

私が前に使っていたテーマのデメリットはデザインや操作性でしたが、「我慢すれば使える」程度のものでした。

でもSWELLに変えてみて、『ノンストレス』であることがいかに精神的に楽になるのかが分かったので、テーマを変えて本当に良かったと思っています^^

もしこれからWordPressを始めるなら断然おすすめです。

違うテーマを使っている人も、今のテーマに

「ちょっと違和感がある」

「我慢してる部分がある」

なら、絶対書きやすくなるのでやっぱりおすすめ!

乗り換えサポートがないテーマの場合、あまり記事数が多いとリライト作業がたいへんです。

私も30記事のリライトは結構きつかったので、悩んで記事がたまる前に、決断は早めにした方がいいかもしれませんね^^;

税込み17,600円が少し高いように感じるかもしれませんが、1年使った時の月額は1,467円ですし、2年使ったら月額733円。

もし3年目以降も使うなら・・・

もし複数サイトを運営するなら・・・

かなり安くなりますよね!

これだけの初期投資で快適にできるのですから、絶対ムダにはなりません^^

開発者の了さんがおっしゃっているように、ブログの継続で大事なのは「楽しめること」。

楽しく書くためのツールとして、ブログのテーマ選びは大切なポイントです。

テーマによって、本当にモチベーションが変わってきますから^^;

ユイ

SWELLなら、ブログが楽しくなるテーマであることは間違いありません!

⇒シンプル美と機能性の両立「SWELL」公式サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる