個人で稼ぐスキルを高めよう!無料メルマガのご登録はこちら>>>

小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版レビューするよ

ユイ

ネットビジネスおかんのユイです!

こたろ

ぼく、こたろ

今回は、小嶌大介(こじま だいすけ)氏の著書「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版をレビューしていきます。

『廃屋プレゼント』

まず目に止まったのはこのフレーズ。笑

期間限定ですが、現在本の出版記念で「Amazonキャンペーン」が開催されていて・・・

なんと、2名限定で、本を購入したら抽選で『廃屋』が当たるチャンス!

物件の場所は“神戸市内“ 。

遠い(;´д`)

関西方面に住んでたら応募しても良かったんですけどね〜、残念です。笑

「廃屋」フレーズも気になったし、リフォームを考えるのも結構好きなので、本を読んでみることにしました^^

最初プロフィール画像を見たときは「ちょっとコワモテ・・・」な印象で若干引き気味。

でも、読んでみると人間味あふれるお人柄だし、内容も面白い!

不動産投資のことはなーんにも知らない私でも、

「頑張ればできるかも」

と思っちゃうくらい、詳しく分かりやすく書いてあって、一気に読んじゃいました!

この記事では、

  • Amazonキャンペーンの内容
  • 小嶌大介氏はどんな人なのか
  • 「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版の読後レビュー
  • 小嶌氏の評判

をお伝えしていきますので、よかったら読んでみてくださいね^^

元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法
https://magicod.net/2021book/

小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版

販売業者magico株式会社
運営責任者小嶌大介
所在地大阪市城東区野江3-11-6
電話番号06-6180-6508
メールdaisuke(アットマーク)magicod.net
目次

Amazonキャンペーンで廃屋プレゼント(小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版)

Amazonキャンペーンのプレゼントでもらえる廃屋は、小嶌大介氏の「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法(改訂版)」を購入した方が対象です!

期間は、2021年3月10日〜5月31日まで。

応募の流れを簡単に書いておきますね。

応募方法
  1. 書店もしくはオンラインにて「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法“ 改訂版 ”」を購入
  2. 下記のリンク内にあるフォームに名前・メールアドレス・購入店舗もしくは「Amazonの場合は注文履歴に書かれている注文番号」を記載し、送信ボタンを押す
  3. 登録したメールアドレス宛に、小嶌大介氏より自動返信にてメールが届く
  4. 自動返信メールに「名前 & 本書籍を持った写真」を送ると応募完了。※顔は写ってなくてもOK。

応募はこのリンク内の→https://magicod.net/2021book/

このフォームからです→

興味がある方は、応募してみても良いかもしれませんね^^!

書籍はこちら→元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法

小嶌大介(こじま だいすけ)氏について(「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版)

では「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版の著者、小嶌大介氏についてご紹介します。

プロフィール

小嶌大介

”廃屋不動産投資家” として活躍している小嶌氏のプロフィールを、LPから抜粋しました↓

1975年、大阪生まれ。

芸術系大学を卒業後、広告業界で約10年間グラフィックデザイナーとして勤務。

2010年脱サラを目指し、手持ち50万円から不動産投資に挑戦。独自の目線と切り口で築古物件をブランディングし次々と高利回り物件に再生、蘇生するリノベデザイナーとして、業界で一目置かれる。

● 所有物件28棟200室 

● 年間満室収入8,500万円 

● 平均利回り30%

不動産投資団体戦「ビンテージクラブ」主宰

「LPがおしゃれだわ」と思ったら、元デザイナーさんでした!

そして、上のプロフィールにはお仕事が「デザイナー」しか書いてないんですが・・・

小嶌氏は本当に珍しい経歴の持ち主なんです。

  • 芸大卒
  • デザイナー
  • 元プロキックボクサー
  • 道行く人に有料で殴られる「どつかれ屋

どつかれ屋っていうのは、もともとは新宿・歌舞伎町の「殴られ屋」から来ていて、1分1,000円で殴られまくるというアルバイト(?)のこと。

大阪なので、「どつかれ屋」に名前を変えたみたいです。

絶対殴られなきゃいけないわけじゃなくて、よけてもオーケー。

ボクサーの経験を活用されたんですね。

(本業であるデザイナーはしっかりやりつつ、あいた時間でどつかれ屋をやってたってところが尋常じゃない。笑)

このあたりの経歴は本の中に詳しく書かれていて、面白いです。

それにただ面白いだけじゃなくて、会社に泊まり込むのが普通のブラック会社員(デザイナー)時代、いろんな副業にチャレンジして、失敗して、たくさん苦労されてきたお話とかも読むことができます。

そんな苦労の中で、不動産投資に価値を感じて廃屋の再生に目を付けたとのこと。

本当にゼロからのスタートです。

そこからどのようにして、複数棟を所有する大家さんになったのか?

小嶌氏の『廃屋不動産投資』の手法が、本では赤裸々につづられています。

YouTubeチャンネル「magico factory」

小嶌氏は「magico factory」というYouTubeチャンネルでも発信しています。

そんなに本数は多くないですが、「実際どーゆう人なの?」と思ったら見てもいいかもしれません。

この動画とか、過去に「どつかれ屋」してたとは思えないくらいポワンとした感じの人でびっくり!

あと、角が生えた帽子(バイキングハット)をかぶってたり、インタビュー中にオムライスを食べていたりと、自然体で独特な人。

ボクサーだし怖い人なのかなと思いきや、動画を見ると優しそうというか、温かみのある方でした。

「なんだか不思議な魅力のある人だなぁ」と思ったのが素直な感想です^^

実際に購入した物件の内覧動画もあるんですが、ほんとにものすごく古いというか汚いというか・・・

これをどうやって「ここに住みたい」と思えるような物件にするのか・・・

アフターの動画はないんですが、書籍に掲載された写真から想像すると、見違えるような素敵な物件になっていくこと間違いなしです!

続きが気になります^^;

他にも、部屋の「ヤニ(タバコの煙)汚れ」と「油汚れ」がすごいキッチンをきれいにする動画が、かなりインパクトありました!

めちゃめちゃ地道な作業なんですけど、映像はかなり衝撃的(;´д`)

ネタバレしちゃうと、ヤニも油も、掃除のために使ったのは「油汚れ用のマジックリン」だけ

本当に気持ちいいくらい「さささー」って落ちてピカピカになるので(クロスはだめだった)、この動画を見た後に私も買っちゃいました。笑

ホームセンターで売ってますよね↓

書籍

小嶌氏が出版している書籍は、次の4冊(うち1冊は改訂版)です。

セミナー

小嶌氏は不定期ですがセミナーを開催しています。

参加者さんの口コミもよく、「かなり力を入れてやられているんだな」という印象。

参考に、ネットにあった口コミを載せておきますね。

正直知らなかったのですが、嫁さんが「いろんなタイプの投資家を見てこいやー」と予定突っ込まれていたので行ってきました。

実はすごい人なんですねー。

冒頭からぶっ飛んだ始まり方で、例のかぼちゃ問題に巻き込まれた本人がマスク姿で登場。

問題発覚から、戸建て築古を駆使してV字回復を遂げるまでの赤裸々な話が(不謹慎ですが)面白かったです。

https://kanaloa.hatenablog.com/entry/2018/12/09/214644

午後は東京まで出向いて、小嶌大介さんのセミナーに参加してきました。

廃屋の再生、とは聞いてましたがレベルが違う

雨漏りって言うか空(スカイ)が見えてたりとか、壁が朽ちかけてたりとか。ボロとは確実に一線を画してます。ちょっと、これは‥真似できそうに無い!!

他にも色々投資されていて、特にシェアハウスの運営に関しては真似できそうなアイデアが満載です。

書けないようなこともたくさん。

小嶌さんはアイデアの宝庫ですキラキラ今まであった事ないタイプの投資家さんでした。

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/wmhana/entry-12323914141.html

小嶌氏は現役大家さんでもびっくりな、「真似できそうにない」と言われちゃうほど独創的なアイディアをお持ちの方なんですね!

小嶌大介氏のオンラインサロン「ビンテージクラブ」(元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版)

ビンテージクラブ
https://magicod.net/vintageclub2021/


「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版を出版した小嶌大介氏は、「ビンテージクラブ」というオンラインサロンを運営しています。

2018年から始まって、2021年で4年目。

不動産投資をサロンの仲間と協力して(小嶌氏の言葉でいうと ”団体戦” で)やろう!という趣旨のようです。

金額は年間で498,000円(2021年3月時点)。

この金額が高いのか安いのか、私には分かりませんが・・・

「特別割引」の設定もあるようですよ。

現役銀行員・20代割50%割引
自称面白い
自称美人
自称ハンサム
不動産業者
個人コンサル
管理会社
リフォーム業者
設備業者大家さん
仕切りたがり屋さん
??%割引
(審査制)

会員同士の交流も盛んなようで、年間スケジュールはイベントも合わせるとぎっしりでした。

ビンテージクラブ2021

遊びのイベントも多いですね。

頻繁に会員同士の交流の場を提供しているようです。

小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版のあらすじ

小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版のレビュー

小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版のあらすじを簡単に書きますね。

ゼロから不動産投資を始め社畜を脱出し大家さんになるストーリー

この本は簡単に言えば「ゼロから不動産投資を始め、社畜を脱出し、大家さんになるストーリー」です。

一般的に不動産投資でイメージされるのって、年収1000万円以上とかの高所得者が、収入の第二の柱としてアパートやマンションに投資するイメージだと思います。

(最近はこういう考え方は古くなりつつあるのかもしれませんが・・・)

でも小島氏は、「資金」があるから不動産投資を始めたわけではありません。

最初は家族に『借金』しながら、150万円の資金を集めてのスタートです。

まさに「背水の陣」。

その150万で最初に手がけた廃屋物件があって、それで”最初の成功”をつかんだんです。

そこからは、いくつか廃屋物件へ投資し、時には売却することも。

少しずつ廃屋不動産への投資を繰り返すことで収入も徐々に上がっていき、ブラック企業から脱サラ。

基盤ができた後も順調に不動産投資を拡大していき、今では多くの人に注目される名物大家さんに。

本では、不動産投資の「最初の最初」から丁寧に書かれています。

小嶌氏が実際に購入した「物件の価格、リフォーム代、利回り」などの詳細も掲載されているんですよ。

下は、本の中で実際に掲載されている物件概要になります。

  • エリア:大阪府下
  • 構造:木造テラスハウス(連棟式長屋)
  • 築年数:19〇〇年築
  • 価格:〇万円(+リフォーム費用〇万円)
  • 利回り:約40%

また、

  • なるべく自前で(DIYで)リフォームする方法
  • デザイナーならではの空間演出アドバイス

などもあって、参考になる部分です。

コロナ禍の不動産状況が追加された

原作から3年半の期間をあけて今回の改定版が出版されたわけですが、コロナ禍での不動産状況が追加されたのも大きいポイントかなと思います。

コロナ禍での入居者さんの動きがどうだったのか、リアルな体験談は参考になるのではないでしょうか。

レビュー「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版(小嶌大介氏)

では、小嶌大介氏の「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法(改訂版)」レビューを書いていきますね!

良かったところ①値段的に手が届きやすい廃屋物件

良かったところ①はなんといっても、小嶌氏は最初から「値段的に手が届きやすい50万円の廃屋物件」を探していたこと。

(実際に購入したのは90万円なので50万円では買えなかったけど)

不動産投資って、一般的には数百〜数千万円を、30年ローンとか組んで運用していくイメージが多いのではないでしょうか?

それが、キャッシュ(現金)で50万円から始められる。

しかも実践者が言うんだから信頼もできる。

なので精神的なハードルがかなり低くなります。

最初の物件がどんな感じだったかというと、「シロアリと雨漏りで柱が2本溶けていた」ような、まさに廃屋物件。

(おどろおどろしい・・・)

そんな家を、小嶌氏とお父様の2人だけで再生し、内覧会ではみんなから大絶賛されるような物件にしてしまったんです。

一体、どんな作業をしたらそんな素晴らしい再生ができるのか?

そのときに行った実際の作業内容も書いてあります。

例えば車用のジャッキを使って家を持ち上げて修理したり、無料の木をもらってきたり。

室内写真を撮るときは、近所のおばちゃんから植木鉢を借りてきて、撮影が終わったら戻したり・・・

お金が無くても、むしろ無いからこそ生まれたユニークな発想がたくさん出てきます。

良かったところ②お役立ち情報

良かったところ②は、すぐに使えるお役立ち情報が満載なこと。

その1. 物件探しに使えるサイト一覧

私でも知っているようなサイトから、聞いたことがないサイト(不動産投資に興味がある人向け)まで、一覧になっています。

その2.「不動産業界の裏事情」と「お付き合いの方法」

業者さんの好感度が上がって、しかもすぐ使えるテクニックが書いてあります。

覚えておいて絶対損はないですね。

コミニケーション能力が高い小嶌氏が、どのように対人関係を築いているのかを垣間見ることができます。

その3. 廃屋現地チェックシート

「環境」と「物件」に分かれて、合計22のチェック項目が1ページにまとめられています。

実用的だし一目瞭然!

見やすくてとてもいいですね。

なにしろ、小嶌氏の経験に基づいて厳選された項目ばかりなので、参考になりそうです。

その4. タイプ別リノベーション事例

それぞれの物件のアフター写真が豊富に載っているので、参考になるし楽しめます。

事例の多くは小島氏の感性が光るリフォーム内容ですが、中には最低限の手入れだけで終わりにする物件も。

自分の強み(おしゃれデザイン)だけを掲載するのでは無く、あえて普通の物件も載せています。

小島氏の感性の良さがうかがえました^^

良かったところ③共感ポイント

続いて良かったところ②は、私が共感できたポイントがあること。

共感その1. 土下座して借金

いくつかある中でも、ダントツは「実の父親に土下座して50万円借りた」部分。

『 “どつかれ屋“ でつちかった土下座テクニックが役に立った』と、ユーモラスに書いていらっしゃいます。

でも、もし自分の夫が、父親に土下座してまで借金を申し込むのを想像したら・・・

そんな光景を目の当たりにしたら、夫を応援しないわけにはいきません。

小嶌氏の奥様も、お金を出して応援してくれたようです。

小嶌氏のひたむきな意気込みと、家計が大変な中でも小嶌氏を支えた奥様の心境を思って、胸が熱くなりました。

共感その2. 大勢に好かれなくて良い

もう一つは、大勢の人に好かれなくても必ず気に入ってくれる人がいる、普通になった時点で負けなんだ、と書いてあったこと。

日本は出る杭は打たれる風潮が強いので、周りに合わせて、無難に生きようとする人が多いかもしれません。

私も、そんな性格で悩んでいました。

小嶌氏「普通になったら負けだぞ!」

ユイ「はい!すみません!」

読んだときの脳内イメージはこんな感じです。笑

モヤっとしたところ①デザイン性が高くて真似できない

個人的にモヤっとしたところも少しあって、1つ目は「デザイン性が高くて真似できない」こと。

実例を見る分には楽しいのですが、ちょっと冷静になるとスゴすぎて「ちょっと真似できない」という思いがムクムクと浮かんできます。

もちろん小嶌氏は「プロデザイナーとしての知識と経験」が強みとしてありますから、ポテンシャルが全然違います。

私の中で

「同じようなものを作りたい。けど絶対に作れない」

っていうジレンマが、モヤっとする感情につながってるのかもしれませんね。

小嶌氏は「自分にできないところは他の人にお願いすれば良い」とはっきり書いてます。

廃屋再生の醍醐味はデザイン設計だと思いますが、私は素質がないので残念ですがデザインについては他の方にお願いする方が良いですね^^;

モヤっとしたところ②お金の仕組みが難しい

私の頭がショボいからなんですが、お金の流れや仕組みの部分になると難しくて、「あ、なんか、無理」みたいなプチ拒否反応が起こります。

物件価格、土地代、リフォーム代、30年の融資、想定利回り、返済、キャッシュフロー、金利、元金、売却して乗り換え、など・・・

何個か組み合わさると、何を言っているかよく分かりません(T_T)

私が不動産やるなら、まずお金の勉強をするべきかもしれませんね。

モヤっとしたところ③家族はどう思っていたのか?

私が子持ちの主婦だからか、「家族はどう思っていたのか?」が読んでいてすごく気になりました。

本の中では、

「平日は仕事、休日は家族サービスで時間を使うので、睡眠時間を削るしかなかった」

と書いてありました。

でも、最初は廃屋再生の作業を実のお父様とほぼ2人きりでやっていたのですから、時間はいくらあっても足りないはずです。

家族と過ごす時間を最小限にして、むしろ

「家族を犠牲にしてでも作業しなければならなかったんじゃないのかな」

と思いました。

奥様は小嶌氏を支えて、子供たちの面倒も1人で見ていたすると、精神的にも相当大変だったのではと想像します。

小嶌氏がすごいのはわかりますが、本の中ではそれを支えた家族の記述がないので疎外感を感じるというか、親近感が少し薄れた感じがあります。

小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法」改訂版の口コミ評判

小嶌大介氏「元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法(改訂版)」の口コミ評判です。

悪い口コミは見当たりませんでした。

お金持ちだけができるのが不動産投資と思っていました。でもこの本を読んだら、誰でも少ない資金でできることがわかりました!

不動産投資を始めて2年になります。もっと早くこの本に出会っていたらもっと順調にいけたんじゃないかと思うほど、詳しく分かりやすく書いてありました。

目からうろこでした。それにとても正直に書かれています。この本を読んで救われる方がいるんじゃないでしょうか。

まとめ

今回は、「小嶌大介氏『元手50万円を月収50万円に変える不動産投資法』改訂版をレビューするよ」というタイトルでお話ししました。

普通の人が見たら廃墟に思える物件を見事に再生。

入居者さんが喜ぶ物件に変えてしまう腕や勘は、素直にすごいです。

しかも小嶌氏の家賃収入は年間で8,500万円にもなり、平均利回りは30%というのですから、「おったまげ~!」って感じです。

(問題が起きなければ、基本は不労所得ですからね!)

あなたがもし、家づくりやDIYが好きで、廃屋の再生を楽しめるのであれば向いているかもしれません^^

しかし、軌道に乗ってしまえば手間のかからない収入減になるとはいえ、最初にかかる労力はかなり大きいと思われます。

できれば家から徒歩で行けるようなところに物件があればいいですが、そんな都合よくありませんよね。

リフォーム会社に作業を全て任せる手はありますが、費用の問題と、やはり現場に足しげく通ったほうが良いのは確実。

時間と体力が必要になるので、なかなか子持ち主婦がやるのは厳しそうです。

小嶌氏がものすごく苦労して、努力して、凄まじい成果を上げたのは理解できます。

ただ、ほぼ家にいる時間はなかったのではないかと思います。

本の中には、奥様やお子様はあまり(ほとんど)出てきません。

(構成の問題かもしれませんが)

何か大きなことを成し遂げるには、一時的に家庭を捨てる覚悟は必要でしょうが、ちょっと主婦が家庭を捨てるわけにはいきませんし、身動きが取れなさすぎる気がします。

そして、

  • 初期投資に少なくとも100~200万円という高額費用が必要であること
  • 廃屋であること(失敗したときのリスク高)

この2点もあります。

やはり小さい子供がいる以上は、在宅で、パソコン1台で、自由な時間にできる仕事の方が、心も体も楽ではないでしょうか。

ブログなら必要な費用は月々2,000円程度だし、リスクもありません。

同じ「頑張る」なら、ローリスクで収入を得る努力をしてみませんか?

もしご興味がある方は、ユイが参加しているブログ塾のレビューを見てみてくださいね。

⇒完全在宅で稼ぐ「仮面ブロガーズプラス」のレビューはこちら

無料相談受付中です

青山ユイ無料相談

ただいま無料相談を受け付けています^^

ネットビジネスで稼ぎたい方はご相談ください!

あなたに合った教材や情報商材を選ぶお手伝いをさせていただきます。

⇒ユイに相談する

ユイの無料メルマガ

ユイの無料メルマガ

本気で稼ぎたい方は、ユイの無料メルマガにご登録ください!

『在宅で、仕事も育児も諦めない!』

という強い想いがある方へ★

ママが在宅で仕事をするために必要なのは、個人で稼ぐ力を身につけること。

ちょっとした小ネタからガッツリ系まで、いろいろな情報を発信しています。

⇒ユイの無料メルマガに登録する

LINEやってます

LINE登録大歓迎!

  • 稼げる副業情報を知りたい方
  • ブログノウハウにお困りの方
  • ブログの相談をしたい方
ユイ

LINEなら気軽にご相談いただけます♪

ぜひご登録ください^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる