個人で稼ぐスキルを高めよう!無料メルマガのご登録はこちら>>>

FXとは?初心者がゼロから学ぶ基礎知識

ユイ

ネットビジネスおかんのユイです!

こたろ

ぼく、こたろ

ユイ

今回はFXの基礎知識を話しましょ

こたろ

FXは怖いからやめた方が良いよ!

ユイ

そう?
でもFXで生活してる人もいるし、初心者でも数千円から始められる投資として注目度も高いのよ!

こたろ

そうなの?

ユイ

日本人は投資より貯蓄が好きよね。
でも貯蓄だってリスクがあるって知ってる人は少ないわ。
貯蓄は、物価の上昇や円安のリスクに弱いと言われているの。
将来的な資金を作りたいなら、投資を知っておく必要があるわよ!

こたろ

詳しく知りたいワン

ユイ

正しい知識があれば、FXも怖くないわよ♪

今回は、日本でも定着してきたFXを、初心者でもゼロから学べるよう基礎知識としてまとめました。

※この記事では、国内のFX会社の情報を元に進めていきます

FXは初めての投資としては始めやすく、リスク管理もしやすい投資です。

これからの資産運用を考える人はマストで知っておくべき内容なので、ぜひ最後までお付き合い下さいね!

目次

FXとは?初心者が押さえるべき基礎知識

そもそもFXとはなんなのか、初心者が押さえるべき基礎知識を始めにお話しします。

FXとは、

Foreign eXchange trading(外国為替証拠金取引)

の略です。

海外では「Forex(フォレックス)」と言われることが多いみたい。

「exchange」とあるように、FXは各国の通貨を売買(両替みたいなもの)することで損益が出る取引。

超簡単に言うと、「通貨の両替」で稼ぐこと。

こたろ

どうして両替で得をしたり、損をしたりするの?

ユイ

それはね、いつも食べてる野菜の値段だって、その日によって違うでしょう?
それと一緒なの。
日本の通貨「円」も、アメリカの通貨「ドル」も、毎日価格が上がったり下がったりしているからよ

こうした日々の価格変動を狙って、通貨の価格が

値上がりするかも!

と思ったら(安い時に)買って、高くなったら売ると利益になります。

しかも、逆パターンで「値下がりしそう」ってときにもチャンスがあります。

これは後述しますね。

こたろ

安く買って高く売るなら、転売とあまり変わらないワン?

ユイ

そうなのよ

ゼロからでも簡単理解!FXで利益が出る仕組み

FXで利益が出る仕組みは、ゼロからでも簡単に理解できます。

次の2つをご紹介します。

為替差益

仕組みの1つ目は、為替差益です。

FX為替差益

例えば上の画像のように

  1. 1ドルが100円の時に10万円分(1,000ドル分)買う
  2. 1ドルが110円になった時に、持っていた1,000ドル分をすべて円に変える(売る)
  3. すると11万円になっているので、1万円稼げている

といった感じです。

ユイ

FXでは、この為替変動を狙った「短期投資スタイル」を取る人が多いわね

スワップポイント

仕組みの2つ目は、スワップポイントです。

ユイ

まず、FXでは買い・売りの取引注文を出したあと、
決済をするまで損益が確定しない
ことを覚えておいて!

スワップポイントは金利のようなもの。

金利は国ごとに決められています。

注文から決済するまでのあいだ、2つの国の金利差によって収益(損失)が発生し、毎日決まった時間に付与されるのがスワップポイントです。

金利差が大きいと、得られる収益も大きくなります。

スワップポイント
https://min-fx.jp/start/

例えば低金利の日本円を売って、高金利のトルコリラを買います。

それを保有し続けると、金利差からスワップポイントが発生するんです。

※FX業者によってポイントは異なります

こたろ

何もしなくてもチャリンチャリンとお金が入ってくるなんて、夢みたいだワン

ユイ

FXなら可能なのよ

こたろ

注意点はないワン?

ユイ

あるわ!
高金利通貨の為替レートは、変化が激しくなる傾向にあるといわれているの。
だから、「スワップポイントを上回る損失が発生する可能性もある」
というのは注意しなきゃね

スワップポイントを専門にしている「スワップトレーダー」なる人もいます。

この人たちは、大量買いした通貨を数ヶ月〜数年など、長期間に渡って放置しておくことで巨額の利益を稼ぎます。

プラスマイナスを考慮した、長期的な価格変動を見越して売買しているんですよ。

FXは必要資金の約25分の1で取引することも可能

FXは、レバレッジをかければ必要資金の約25分の1で取引することも可能です。

※次の項目でご紹介する「レバレッジ」もご参照ください

FXでは、1,000通貨もしくは10,000通貨を「最小取引単位」として設定している会社が大多数です。

例えば、1ドル=100円のときに1,000ドルを買おうとすると、本来は10万円が必要。

でも日本国内のFX取引では、レバレッジが「最大25倍」までかけられるという決まりがあります。

MAXでレバレッジをかければ、1,000ドル買うのに必要な資金は10万円ではなく、4千円でいいということに。

ユイ

つまり、本来の価格の25分の1の金額でもOKなのね

こたろ

1,000万円の取引が40万円でできるワン

見出しで”25分の1と“約”をつけて書いたのは、FXでは「強制ロスカット」や「証拠金維持率」といった制度があるためです。
〇強制ロスカット・・・含み損が大きくなり、証拠金維持率を下回ったときにFX会社の方で強制決済されること
〇証拠金維持率・・・FX取引を行うため担保にするお金(証拠金)に対して、資産残高がどのぐらいの割合を占めるかを表す指標のこと

証拠金維持率は、FX会社によって50%や100%など、まちまちです。
例えば、「証拠金維持率100%でロスカット」する会社だったら、4千円を下回ったら速攻でロスカットされます。
なので実際の取引では、最低資金(ここでは4千円)ぴったりで運用することは現実的ではありません。
5千円やそれ以上など、余裕を持たせます。

ユイ

レバレッジを高くするとリスクも高くなるの。
4千円で10万円の取引ができるというのはあくまで「理論上」の話しだから、最初から25倍で取引するのはかなり危険ね

FXの魅力

次に、FXの魅力をご紹介します。

レバレッジが効く

魅力の1つ目は、今まさに見てきたレバレッジが効くこと。

レバレッジとは、

「てこの力」・「てこの作用」

などを意味します。

FXはレバレッジを使うと、預けた金額の最大25倍の金額で取引ができるようになります。

10万円の証拠金でも、250万円までの取引ができるんです。

リスクはありますが、上手に活用すれば少ない資金でも効率よく利益を上げることが可能です。

ユイ

海外FX会社では、レバレッジ数百倍というところもあるのよ

どんな値動きでも利益を狙える

魅力の2つ目は、どんな値動きでも利益を狙えること。

先ほどFXの仕組みで説明したのは「安い時に買って高くなったら売る」話でした。

でも、FXはその逆も出来ちゃうんです。

株式投資の「信用取引で空売り」と同じ。

  • 買い→売り(安い時に買って、高くなったら売る)
  • 売り→買い(高い時に売って、安くなったら買う)

普通に生活してたら『買う→売る』のパターンしかないので「売ってから買うってどうゆうこと?」となると思います。

このシステムは案外ややこしいので、とりあえず「価格が上がっても下がっても稼げる」と覚えておけば大丈夫です^^

24時間取引できる

魅力の3つ目は、24時間取引できること。

世界の主要都市で為替市場が開いているので(東京市場・ウェリントン市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場など)、土日を除いた平日24時間いつでも売買ができるんです。

ユイ

株式投資だったら9〜15時しか売買できないの

こたろ

リアルタイムの株取引だと、本業があったり忙しい人には難しいワン

取引コスト(スプレッド)が圧倒的に安い

魅力の4つ目は、取引コスト(スプレッド)が圧倒的に安いこと。

スプレッドは、売値と買値の差のことで、取引のたびにかかるコストです。

外貨両替に対応したFX会社の取り分になります。

FXの取引自体には基本的に手数料がかからないんです。

手数料は無料にしてる会社がほとんど!

頻繁に取引すればその分スプレッドはかさんでいくので少し気にする必要がありますが、それでも手数料はすごく安いです。

(0.2銭とか)

初心者がFX会社を選ぶときに気をつけること

初心者がFX会社を選ぶときに気をつけることをまとめてみました。

少額資金で取引可能か

まず、少額資金で取引可能かどうか確認しましょう。

国内のFX会社は、多くが1,000通貨または1万通貨を最低取引単位としています。

例えば、1ドル=100円のときに取引する場合の必要資金の目安はこんな感じ↓

スクロールできます
レバなしレバ2倍レバ5倍レバ25倍
1,000通貨10万円5万円2万円4千円
10,000通貨100万円50万円20万円4万円
米ドル/円を取引する場合に必要な証拠金の例

ずいぶん金額が違いますよね!

このように、「最低取引単位」と、「レバレッジ」をどれくらいかけるかによって資金もかなり変わってくるんです。

ただ、前述した「強制ロスカット」と「証拠金維持率」を見越して、『プラスαの資金』もお忘れなく^^

ちなみに、大体のFX会社は1,000通貨か10,000通貨が最低取引単位ですが、中には「1通貨」からできるFX会社もあります。

ユイ

最初は少ない通貨単位から始めるのがいいわ

取引ツールの使い勝手はいいか

取引ツールの使い勝手はいいか、必ず「デモトレード」で実際のツールに触ってみるのがおすすめ。

FX会社は独自のツールを提供しているので、それぞれ使い勝手や特徴が異なります。

使い勝手が良くないと取引に影響が出る可能性があるので、どこのツールがいいか見てみましょう。

スプレッド(手数料)は狭いか

スプレッド(手数料)は狭いかどうか確認しましょう。

先ほど、魅力の部分で「取引コスト(スプレッド)が圧倒的に安い」と書きましたね。

でも、最初は短期売買からスタートする人が多いので、取引回数が多くてスプレッドもかさみます。

なのでスプレッドが狭くないと、収益にかなり影響してくるんです。

スプレッドはFX会社が自由に決められるので、注意して見るといいですよ。

リスクもある!FX初心者にありがちな失敗

FXにはリスクもあるので、FX初心者にありがちな失敗をご紹介します。

知識不足なうちから高いレバレッジで取引

まず、知識不足なうちから高いレバレッジで取引してしまうこと。

レバレッジは、最大25倍までかけられます。

5万円の資金でも、125万円分の取引が出来てしまうんです。

これは、得られる金額は25倍、でも失う金額も25倍ということ。

ハイリスク・ハイリターンな取引なので、初めからここまでのレバレッジはやめた方が無難です。

立ち直れなくなったら困りますからね!

ユイ

初心者のうちは、レバレッジを抑えた取引をすることね

損失を受け入れる心の余裕がない

2つ目は、損失を受け入れる心の余裕がないこと。

FXで勝率100%は存在しません。

勝ったり負けたりを繰り返して、最終的にプラスになってれば良いという世界です。

損失はあるものだと思いましょう。

負けたからといってムキになって取り返そうとしても、正常な判断ができないのでいい結果にはなりません。

生活資金を投資してしまう!

生活資金を投資してしまうと、負けたときに日常生活が送れなくなってしまいます。

余裕資金や、最悪「無くなってもいいお金」でやるのが基本です。

(無くなってもいいお金なんてないですけどね^^;)

もし負けたときに、今度は生活資金を取り返さなくてはなりません。

絶対平常心ではいられないですよね。

FXは「負け」ても動じないメンタルも大事なので、常に余裕を持った取引が大切です。

まとめ

今回は、「FXとは?初心者がゼロから学ぶ基礎知識」というタイトルでお話ししました。

取り扱うのが通貨なので、分かりやすいですよね!

多少リスクはあるものの、小額からできるし分かりやすいから管理もしやすい。

なのでFXは初心者が取り組みやすい投資といえます。

主婦でFXをやってる人も少なからずいるんですよ。

日本でFXで稼いでいた主婦が、海外から「ミセス・ワタナベ」と呼ばれたこともあります。

ある主婦の方は、2002〜2005年の3年間で4億4000万円もの大金を稼いだんですよ

※今は、「ミセス・ワタナベ」と言っても主婦ではなく、日本の「小口投資家」全体を指す言葉になりました。
日本の為替市場で昼休みの時間帯などに、市場を動かすほどのFX取引が個人投資家によってもたらされたことがあるからです。
ちなみに「ワタナベ」っていうのは、「日本人」を表す代名詞。
英国で使われたのがきっかけです。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、知識がつけばあとは練習でセンスも磨かれていくし、やっていくうちに取引も楽しくなってきます!

資産運用として、FXもぜひ視野に入れてみてください^^

無料相談受付中です

青山ユイ無料相談

ただいま無料相談を受け付けています^^

ネットビジネスで稼ぎたい方はご相談ください!

あなたに合った教材や情報商材を選ぶお手伝いをさせていただきます。

⇒ユイに相談する

ユイの無料メルマガ

ユイの無料メルマガ

本気で稼ぎたい方は、ユイの無料メルマガにご登録ください!

『在宅で、仕事も育児も諦めない!』

という強い想いがある方へ★

ママが在宅で仕事をするために必要なのは、個人で稼ぐ力を身につけること。

ちょっとした小ネタからガッツリ系まで、いろいろな情報を発信しています。

⇒ユイの無料メルマガに登録する

LINEやってます

LINE登録大歓迎!

  • 稼げる副業情報を知りたい方
  • ブログノウハウにお困りの方
  • ブログの相談をしたい方
ユイ

LINEなら気軽にご相談いただけます♪

ぜひご登録ください^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる